イベント

アフリカンフェスタ2日目

アフリカンフェスタ前日から、のどが痛く、しかも当日は咳が出始めていたので、いやな予感はしていましたが、最後までもちませんでした。泣

13日は、もう家で療養だなと思っていたのですが、なにせ何もみれなかったし、これを逃したら次回は来年。

がんばって、行きました。 でも、楽しみにしていた絵本のコーナーはかなしい結果に。

どうも、ホームページで見る情報とは違って、今は絵本の寄付はできても3冊ぐらいだとか。へ?

図書館の本棚にどんどん寄付した絵本を増やしていっているって書いてあったような。。

よくよく聞いてみると、どうやら、現地で動いていたスタッフの方が亡くなられたとかで、今は寄付活動はできていないようです。

これといってよい情報もなく、なんだかめっきりしゅんとなって、出てきたのですが、1つだけ収穫はありました。(あ、もうちょっとありました)

以前、私が絵本を寄付したTAAAというNGO団体が出展しているブースへ行ってみました。

移動図書館の現地の様子がたくさん写真で貼られていました。

メールやお礼のハガキをくださった代表者の女性は、残念ながら、前日熱射病にかかり、お目にかかることはできませんでした。

代わりに、ブースにいたとても人柄の良いスタッフの方から生のお話を聞くことができました。

寄付された本は、まず埼玉の与野に行ってそれから梱包されて、横浜へきて、そして南アフリカへ船の長旅に出るので、届くまでにはとても時間がかかるけれど、必ず現地へ届くようにしています。と、話してくださいました。

うれしかったのは、その本は主に学校の先生が借りていくそうなのですが、
「その本を手にした時の先生たちは、みんなほんとにうれしそうにこうやって大事そうに抱えて持っていくんですよ。それを見ると、こちらまでうれしくなってしまうんですよね。」
という言葉でした。

それを聞いた私も、これまたすごくうれしくなってしまったのでした。

ブースに貼られていた写真の移動図書館は、最初薄い緑に○○図書館と日本語の文字で書かれた地味なバスだったのですが、アフリカ人は派手な色が好きなようで、
「こんな風に塗りかえてしまったんですよ。」
と、おじさんが指さす写真に写っていた、紫や黄色のかなりカラフルに生まれ変わったバスを見て思わず微笑んでしまいました。

私からすると「ブラボー♪」って感じです。 アフリカ人てほんとカラフルな色が好きですよね。

道行くアフリカ人たちの服装が、度派手でそれを見てるのも楽しかったです。
明るくて、楽しい気分になりますよね。

ああ、そういえば!
確か、ピカソとクレー展を見に行ったとき、クレーの絵はカラフルな絵とそうでないのと両極端だったような。
で、後から調べたら、クレーはアフリカに行ってから色彩感覚が変わってカラフルな絵を描くようになったと書かれていた気がします。

その時、サバンナは色が少ないように思うけど、きっと自然の色が織りなすたくさんの色がアフリカにはあるのかもしれない!と思って、ますます行きたくなったんでした。

やっぱり、アフリカって奥が深い♪ 

つづく。。。

|

アフリカンフェスタ当日

今日、フラワーアート見事完成しました!

そこまで晴れなくてもよくない?ってくらいの晴天でしたね。

ちゃんと、帽子もってきてたのですが、馬車道から赤レンガ倉庫までの道のどこかに落としてきてみたいで、なくなってしまいました。

走りながら遅刻の電話を入れてたときに、落としちゃったみたいです。

最悪なことに、集合時間の30分前に着く予定で出たのですが、なぜか30分後になってました。
昨日の夕方から、絶不調です。

遅れた罰として、火あぶりの刑。。by かみさま って感じです。

現在、両腕はまっかっかなやけど状態で、鼻だけ真っ赤に焼けてしまったため、赤鼻のトナカイみたくなっています。涙
(カンカン照りの中、人々が絶えずやってきて、休憩ゼロだったため)

んなことは、置いといてですね。

フラワーアート、大盛況で、あんなに家族連れの方々がいっぱいやってくるとは予想してませんでした。

私は、エチオピアにてんこもりで濃い黄色の花びらを盛って1人で1カ国作ってしまったのですが、それイエローカードな感じで。。。

花びらは足りなくなるわ、色はほんとは薄い黄色の花びらの場所だったらしく、まちがってるわ、しかも花びらを置きたい待ち人がたくさんいたとはつゆ知らず、やっちゃいました。。。
(それ言ってくれー)

最後の杉の葉をまわりにばらまく作業になって、やっと入場制限をなくしてくれたので、やってきたちびっこたちと仲良くなり、みんなで楽しみました。

さて、私のアフリカ即席勉強の成果は。

昨晩、みつけたコネタは、「西アフリカ人はお茶好きで有名で、よく中国緑茶にお砂糖を入れて飲むんですって。」という情報。(72へぇはもらえないですね)

まあ、チャドについても聞かれなければ、コネタを言える機会もありませんでしたが、ウガンダの場所をお客さんから聞かれました。

よりによって、頭に入りきらなかった場所を聞かれるのがお決まりな感じでして。結局、国名を書かれてるボードをみつけた男の子が説明してました。涙

その後ちびっこたちに、これは何?という簡単な質問がたくさんやってきたので、「これは、アフリカ大陸だよ。フラワーアートっていうんだよ。」と、おしえてあげたついでに、アフリカが何カ国あるかと、一番覚えやすいマダガスカルの場所をおしえてあげました。

脳みそやらかいうちに覚えておいてねー

結局、絵本コーナーは見れませんでした。明日いろいろ見に行く予定です。

出来上がったフラワーアートはこちら↓

ステキ♪

|

アフリカ勉強中

現在、必死でアフリカ勉強中です。

アフリカ、ずっと好きだったわりに、知ってる国がとっても少ないです。
「ルワンダの涙」で見たルワンダ。「すべては愛のために」で見たエチオピア。

それも映画で見た情報と、その後ネットで調べた情報のみ。

あとは、写真を見て行ってみたいと思ったモロッコ、チュニジア、ケニア。
これは、写真と、行ってきた人の感想から得た情報のみです。

というわけで、1週間前からアフリカの地図とウィキペディアをプリントアウトして、覚えようとしているのですが、どうも文字だけじゃ頭には入ってこなく。。。

つくづく、教科書見て暗記より、行ってしまって実際見てくる方がよっぽどいい教科書になるって思ってしまいます。

明日、花びらを置きながら、おぼえるしかないですね。
ああ、地球の歩き方買ってくるの忘れた。。。

「チャドは何が有名な国なんですか?」とか聞かれたら、
「えーとー、チャドが有名です。」
「は?チャド?」
「はい。茶色い土です。がはははは」

みたいな、みたいな。。。ああ、やばい。やばい。

今のところ、名前がすごく気に入っている国は、コートジボアール。
日本語だと、「象牙海岸共和国」です。
響きがステキだなぁ♪ と思って。

しかし。。。象牙と海岸が有名な国なのかなという想像の世界しか。。。

高校の時、日本史じゃなくて、世界史選択しておけばよかったなと今更ながら思うのです。

ちなみに、今話題のセネガルは、フランス語圏で、首都はパリ・ダカのダカール。
西アフリカです。

という基本的な情報しかわかっていませんが、元ツアーガイドとしては、人々が、「72へぇ」は押してくれるコネタでも持っておきたいとこです。

今から勉強しまーす!

|

フラワーアート

日曜日、アフリカンフェスタの説明会に行ってきました。

アートギャラリーとフラワーアート両方のスタッフをやれるのかなと思っていましたが、それぞれ担当が分かれることになり、私はフラワーアートの担当になりました。

3000本のバラの花びらでアフリカ大陸を作っていくので、体力勝負のようです。
ティンガティンガアートがすごく気に入ってしまったため、アートギャラリーに携われるのをすごく楽しみにしていたのですが、「力仕事でも雑用でもなんでもやります」というコメントからこっちに振り分けられたか。。。

と、がっかりしてると思ったら大間違いです。笑
何しろ、ガーデンデザイナーになろうと思ったこともあるくらいなので、土いじりは大好き。

しかも、バラの花が好きというとちょっといやらしいかな。。と思って、あまり公表してませんが、うすいピンクのバラの花が一番好きな花なんですねぇ。

だから、昔ローズフェスティバルがあるバラの街ポートランドへ留学しようと思ったわけです。

押し花や折り紙で作った花の絵みたいのはやったことありましたが、大規模なフラワーアートをつくれるなんて、こんなうれしい話はありません。

当日は、休憩時間がいっぱいあって、会場もいろいろ見れるみたいだし、一緒にやる仲間は、アフリカに行ったことがある人も多いので、いろんな話が聞けてすごく楽しそうです。

もう、俄然気分はアフリカなわけです♪

アフリカはなんと53カ国もありますが、行ってみたいのは、自分の部屋の壁にずっと貼っていたポスターの場所「アンボセリ国立公園」。
働きにいくとしたら、ルワンダかエチオピアですね。

あとは、南アフリカの移動図書館に自分が寄付した本があるか、見に行ってみたいです。
(でも、なかった場合。。。えーと、全部貸し出し中ってことですよね。。少なくとも50人の人々に見られてます!)

絵本の寄付を受け付けてくれるボランティア団体はすごく少ないのですが、TAAAという私の絵本の寄付を快く受け入れてくれたところは、とても好意的なところでした。

お礼のハガキをくれたり、活動報告を会報で知らせてくれ、寄付した人たちの名前を会報に載せてくれます。

そこで、私はいくつかのよく知っている塾や学校、団体などが秘かに寄付していることを知ります。

寄付した人たちにしかわからないのですが、見えないところで、誰かを助けるその行為がひどくかっこよく思えたのでした。
(もちろん、大々的にどんどん世の中に広めていこうとしている方々もとても尊敬しています。)

ちなみに、今TAAAのホームページ見たら、どうやらアフリカンフェスタに出展するようです。
絵本のコーナーは絶対行ってみようと思います。

こうやって、つながってるんですね。
なにせ、私はもともとは、アメリカンフェスタと勘違いして申し込んだのですから。笑

|

アフリカンフェスタ

 「6月12日(土)、13日(日)に横浜赤レンガ倉庫で、アメリカンフェスタがあるんだよ。」
と、言いふらしてしまいましたが、なんとアフリカンフェスタでした。。

フラワーアートとアフリカンアートギャラリーのお手伝いスタッフを募集していたので、さっそく応募。

その時点で、アメリカンフェスタで、なぜアフリカンアートなんだろうと、ちょっと疑問に思ったのですが、移民が多い国だし、オバマ大統領、アフリカ系アメリカ人だし、なくもない話かと。。

ボランティアスタッフなのですが、お金払ってもやってみた~い♪ って感じなので、
「力仕事でも雑用でもなんでもやります」
というやる気満々コメントで、めでたく合格~♪ (※応募者がどのぐらいいたのかは謎です)

正直、応募した後、あのコメントはやりすぎだったかな。。と思ったのですが、現代社会では、やりすぎぐらいがちょうどよいようです。

で、届いたハガキにアフリカンフェスタと書かれていたので、ん?

もう一度応募したときの、募集してたサイトを見てみると、かなり大きく「アフリカンフェスタ」と
書かれてありました。ああ、なるほど、だからアフリカンアート!

横浜の赤レンガ倉庫で、アメリカンな風景を想像してたのですが(セーラー襟の水兵さんと船とか)、一気にアフリカンな世界に一転。

アフリカは実は、昔からいつか行ってみたい国ナンバーワンです。

部屋の壁に、アフリカのポスターをずっと貼っていたこともあるし、古着を段ボール1箱寄付したことも。私のTシャツ向こうで、だれか着てるかも♪

つい最近では、マックスのにほんごレッスンを50冊ほど寄付して、マンデラ大統領からお礼のハガキが届きました。

(な~んて。日本のボランティア団体の方からのお礼のはがきですが、マンデラ大統領が本を寄付した移動図書館を訪れたときの写真が印刷されていたんです。一瞬、マンデラ大統領からハガキがきちゃったかと、思っちゃったりしたというか。。)

そんなわけで、かなり私的にはアフリカは思いを寄せてる国だったわけです。縁ですな。

しかも、アフリカンアートはかなり私好みな感じですよ↓
こちら

フラワーアートは、バラの花びらで、みんなでアフリカ大陸をつくるみたいです♪ これまたステキ♪♪

日曜日に説明会行ってきま~す♪ たのしみ♪






|