« フラワーアート | トップページ | 都内で世界一周パートⅡ »

都内で世界一周中

先週末は、かなり異文化体験満載で充実してました♪
土曜日は、インド在住のインド舞踊家の先生のインドヨガをとり、その後みんなでカレーランチを食べながら、オーストラリアとインドの話。

その後、友達とスペイン語センターでドイツ映画を見た後、ベルリンの壁崩壊前のドイツの話から、アメリカ、オーストラリアの戦争の話をタイレストランで語り。
そして、最後はフレンチカフェで紅茶とコーヒー豆トーク。

この日見た映画は、とても心に残るいい映画でした。
「善き人のためのソナタ」という1984年の旧東ドイツが舞台のストーリーです。
17年間、人々が口を閉ざしてきた驚くべき当時の東ドイツ国家の実態が、事実に基づいて忠実に描かれています。

ベルリンの壁崩壊のニュースは、今でも頭に映像が残っていますが、その裏にこんなストーリーがあったということは、これまで知りませんでした。

ヒトラーの時代を彷彿させるものがあります。
シュタージという国家保安庁から、芸術家や作家など反体制と思われる人物はすべて、盗聴器をしかけられ、すべての行動を監視されていました。

映画は色が少なく、茶色がかったグレーの寂しい映像が続きます。 私は色が好きで、絵や映像も色がたくさんあるか、きれいな色がたくさんあるものを好むため、普段はあまりこうゆう映画は見れません。(映画の中に入り込んでしまうため、どんよりしたものを見ると、日常生活までどんよりしてしまう恐れが。影響されすぎというか。。)

なので、最初抵抗があったのですが、友達は一度見ていて、ずっと暗いシーンが続くけど、最後にすごく心に響くストーリーだと言うので見ることに。

途中実は、見てるうちに気持ちが沈んでいってしまったので、まずい。。。と後悔しかけましたが、最後裏切りませんでした。それをすべて拭い去る心に残るシーンが待ち受けています。

これから見る方のために、そのシーンについてはふれないでおきますね。 映画館では、そのラストシーンで私も含め、みんな泣いてました。

私は、映画を見終わった後、いつもその映画が出来るまでのストーリーや出演者について調べるくせがあります。DVDだと、ボーナストラックで監督やスタッフ、出演者の話を聞くのが好きなんですよね。そうすると、後からわかることがたくさんあって、2倍楽しめるんです。

この映画も、見終わった後、監督の話や出演者について、いろいろ見てみると、また深いものへと変わってきますよ。おすすめです♪


|

« フラワーアート | トップページ | 都内で世界一周パートⅡ »

映画」カテゴリの記事